2006年12月31日

私的ネトゲ業界10大ニュース

今年は、個人的にいつでもニュースな感じだったのですが、改めて今年あったことを振り返ると、オンラインゲームを巡る「事件」が多かったように思います。

【事件関連】

ガンホー社で社員が不正アクセス禁止法違反の容疑で逮捕
 これは本当に「まさか」の事件でした。年間通して一番印象に残っているというか。RMTという一般の人にはよくわからない「錬金術」がある、ということよりも、オンラインゲームという一つの小さな社会に大きく影響を及ぼす操作が運営会社内で犯罪的に行われた、ということのほうがショックでした。
 詐欺や不正アクセス禁止法違反、というのは裁けても、ゲーム内に遺した大きな影響は、なかなか目に見えづらい(しかし多くのプレイヤーが肌で感じる)ため、こういった問題点をどういう視点で捉えるかということについてが、一番の(プレイヤーにとっての)争点になったんではないかと思います。

RMTほかネットゲーム関連のプレイヤー事件が一般の話題となる
 RMTもそうですが、それに伴う不正アクセス、アイテム目当ての恐喝等、一般のニュース番組に取り上げられることが、今年は多かった気がします。もちろん取材を受けることなどがあったのでそう感じるということもありますが、なんとなくインターネット社会の暗部として語られることがあるため、なんとかしたいものです。
 暗い話題や事件はその度合いを計りやすいんですが、ネットゲームが全体的に明るい雰囲気作りをできていないからかなぁ、と思います。

個人情報流出等運営のトラブルも多く発生
 また、プレイヤー間での事件、トラブルだけでなく、運営的なトラブルも目だった一年でした。そのゲームサーバー内のトラブルは、大抵のオンラインゲームにはつきものでしたが、個人情報に関するものや、パッケージ販売型オンラインゲームでの問題も発生し、その影響範囲はどんどん大きくなっていることを感じます。
 オンラインゲーム自体の敷居が低くなるにつれ、プレイ人数が増えるのは業界にとっては喜ばしいことなのですが、運営側にとっては一件のトラブルが、プレイヤー何十万人分のトラブルになることと同義でもあり、今後の対策強化が全体的に望まれるところですね……。


【業界トピック】

コンシューマーゲーム企業が挙ってPCオンラインゲームに進出
 前々から書いていますが、オンラインゲームがまだもの珍しいうちということもあり、その過渡期であるが故に一つのジャンルとして「オンラインゲーム」が成立しているという状況なんだと思います。コンシューマーゲーム企業が、ゲームタイトルの投入や、ゲームポータルサイトの設立で進出するにあたり、これまでのノウハウを生かしてプレイヤーにアプローチしてくることは容易に考えられます。ですので、オンラインゲームという独立したジャンルで語られることは段々少なくなり、あるいはPC版のオンラインゲームを指す言葉となって、「アクションゲーム(オンライン対応)」や「シューティングゲーム(オンライン対応)」になっていくのかな、と。
 そうなったときに、プレイヤーはどういった観点でゲームを選び、その世界に入っていくのかな、ということを考えますと、また違った業界地図が今後出来上がっていくのかな、と思います。

「ゲーム内広告」がもてはやされる
 今年の潮流として、コミュニティベースとして育ってきたネトゲを広告媒体に使っていこうというものがありました。ゲームは月額であれ基本無料のアイテム課金であれ、僕自身はゲーム内に広告が入ること自体に特に異議は唱えてなかったりします。もちろん、ゲームの世界観や、プレイヤーが受ける違和感ってのはあるんですが、雑誌だってお金払っているのに広告タップリなものが(特に女性誌)あったりするのでまあ、アリかなと。けれど、つまるところゲーム内の広告効果それ自体があるのかないのかというところの論議が詰められないことには、スポンサーがつかないのではないだろうか、と考えています。
 僕はブラキンで、まず先にコラボレーション事業や、コラボ商品があって、それを周知するためにローディング画面にその紹介を入れる、というのをやったのですが、全く関係のない広告を入れられるかというと、それは難しいんじゃないかなぁ、と思ってたりするのです。
 今年はそのあたり、広告代理店はじめゲーム内広告社を設立していたりしますので、2007年には具体的な動きがあるんじゃないかな、と思っています。

ネットカフェNecca秋葉原店が閉店
 これはショックな出来事でした。韓国や中国に比べ、日本ではネットカフェの活用のされ方が違っているとはいえ、ネットゲームの黎明期から大きな存在であった店舗の一つが閉店、というのは感慨深いものがあります。秋葉原という土地なのに、というところも一つの時代の区切りなのかなぁ、と思ったり。

SNS、携帯コミュニティサイトの隆盛
 あまり取り上げなかったんですが、「mixi」や「モバゲータウン」といったSNSあるいは携帯コミュニティサイトが、人々に時間を費やさせており、かなりネトゲのライバルになっているんではないかと。
 SNSは写真や文字ベースではありますが、人を夢中にさせる要素等を分析すると、十分ネトゲに似ている(似ているということは完全には違うということなんですが)ところがあるんですね。そういった意味でも、ネトゲ業界はその周辺のIT業界、携帯業界のコミュニティ部分にも気を配り、あるいは同調して進めていくことがけっこう大切なんじゃないかなぁ、と思ったりします。

塩肉がハイファイブを設立してネトゲ業界に復活(汗)
 まあ、これは手前味噌で、業界的にはでっかかったかどうかは別です(汗)。とりあえず、今はプレイヤー層に対してゲームタイトルやネトゲ企業のほうが多いではないかという話もありますが、どんどん開拓していきたいと思っています。

ということで、適当に書き並べてみましたが、10個にならなかった! 続きはhttp://4029.jp/ で! よいお年を!

2006年12月20日

ネトゲと広告の接点

『アドバポイントで「ソーサリアンオンライン」のアイテムが購入可能に』(4Gamer.net)
http://www.4gamer.net/news/history/2006.12/20061219174950detail.html

最近、ゲーム内広告というものが話題になっていることは以前書いたのですが、逆のアプローチといいますか、記事になっていたのでメモ程度に……。

既存のインターネット広告モデルにおいて、広告が見た人がポイントを獲得できるという仕組みがけっこうあります。このポイントをゲームアイテム購入に充てよう、というのがこの仕組みといえます。

しかしながら、ポイントは何らかのユーザーアクションに対して1:1ではなく、抽選で受け取れるというもののようです。おそらくクラッキングによるインチキ防止のため「抽選」をフィルタリング代わりに使っているのかなー、と推測できますが、導入していないのでよくわかりません。

でもこれって、もっとユーザーに訴求していいと思うんだけど……。(広告を見たり、抽選で通ったり、という部分はあるけれど)現金が出て行かないという点では完全に無料でできるゲームとなるのだから。

2006年11月21日

広がるといいなぁ、ゲーム業界の社長ブログ

『ゲーム人の徒然ブログ』
http://blog.gamebito.com/

ソーサリアンオンラインを開発・運営していらっしゃる「電遊社」さんの社長ブログが始まりました!

丁度一年ほど前にお会いした時に、確か鍋にお呼ばれしたんですが、ボクは泥酔してしまって、ホントに失礼いたしました。当時、中国から戻ってその足で、だったので疲れてたんですよ〜。

って書くと、なんかこのブログも社長ブログぽい!ゲームの話題じゃないことって(プライベートなこととか)書いたことなかったので、ちょっと新鮮。

早速、ゲーム内のカフェと酒場についての記事がアップされています。機能ではなく「場所」としての酒場って、MMOでは重要ですよね。普通のRPGには(ルイーダの酒場じゃないけど)、大抵「人材と情報」が集まるところとして設定されている酒場ですが、ことオンラインゲームでは「ユーザーの使いやすい場所」が(酒場という形態に関係なく)そのまま人材と情報の集積地になったりするので、運営として意図的にそういうものを設置できる(また、その開発をすることができる)って、すごく良いことだと思います。

っつことで。一人ではしゃいでしまいました。応援してます! ハイファイブは開発ではまだ一号作品も生み出していないので、頑張ります!

2006年10月29日

アイテムに関する詐欺事件の判決

『ネットゲーム詐欺:懲役2年を求刑−−地検 /香川』(毎日新聞)
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/kagawa/news/20061028ddlk37040496000c.html

『「(現実世界での)本来の詐欺と変わらない悪質な犯行」などと懲役2年を求刑した。』というくだりで、今後のRMT詐欺などへの抑止効果はある程度見込める気がします。

ただ、こうした判決が前例として出たわけですので、今後警察への「アイテムを取った取られた」という相談件数も増えていくと思います。運営会社はそれに協力していくことになりますが、迅速な解決のために、そういったことに対する専門の部署も、運営会社の規模によっては必要とされていくのだと思います(すでの大手にはあると聞いています)。ハイファイブには「セキュア・チーム」というのがあります。プレイヤー視点からすると、お世話になるようなことがなくて済めばそれでよい、という部署です……。まあ、直接犯罪だけがその活動範囲というわけではないですが。

でもほんと、業界がまだ新しいからなのか、新しいうちにもう、なのか、なんとなーくダークなイメージの事件が続いている感じもしますね。なんとかしていきたいです。

2006年10月01日

財物でないだけに……って200万!?

『オンラインゲームの武器・アイテム、取引で詐欺相次ぐ』(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060930i205.htm

なんかそういう時期なのか、RMTがらみの事件記事が少しずつ増えている気が。そういう情報が引っかかるだけなのかもしれないけれど。いや、そうであってほしいのだけれど。

気になったのは記事中の「都内の業者によると、珍しいアイテムや武器は5万〜10万円、時には200万円の値がつくことも。」という部分。いや、あり得ない話ではないんで、別にいいんですが「ゲームをやると200万儲かる」みたいな曲解が溢れないか不安になったり。「俺は騙されない自信があるから200万円ガッポリいくぜー!」みたいな人が出ないことを祈ります(汗)。

RMTに関しては「他人の庭で勝手に商売している輩」だけじゃなく、もっと運営社の声を出していかないといけない気もするし、そういうのを拾ってもらわないといけないし、極論は皆いいづらいだろうし、かといって法制化がまだ法制化がまだと呪文のように唱えていては、まるで業界に自浄作用がないようなコメントになってしまって考えものだし。どうなんだろう???
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 23:45 | TrackBack(0) | 業界トピックス

2006年09月28日

みんなが持ってる、ということ

『Yahoo!との融合を進めるソフトバンクの新サービス』(ITmedia +D mobile)
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0609/29/news021.html

ソフトバンクブランドの携帯電話、新機種が発表になりました。MNP(ナンバーポータビリティ)導入を目前に控え、各携帯電話キャリアは非常に魅力的な端末を出してきています。

で、まあ端末は各社魅力的なものを出してくるのでそれぞれ興味深く見ていきたいところですが、やっぱりオンラインゲーム(オンラインコミュニティ)という観点で見ると、新サービスである「S!タウン」というのに目がいってしまって仕方ありません(汗)

続きを読む
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 23:34 | TrackBack(0) | 業界トピックス

2006年09月26日

財物でないが故に

『オンラインゲームのアイテム詐取、24歳男を逮捕』(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060925i216.htm

『詐欺:ネットゲームのポイントで詐取容疑 東京の無職男逮捕』(毎日新聞)
記事リンク


今回のこの事件でのポイントは下記となります。
・「判例」ではなく「逮捕例」
・「有料アイテム=ゲーム内でサービスを受ける権利」という判断で詐欺罪を適用
・再逮捕(もともと不正アクセス禁止法違反罪で起訴)
・ゲーム内で詐欺師をロールプレイすることの将来

これらについて簡単に考えてみたいと思います。

続きを読む
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 12:09 | TrackBack(0) | 業界トピックス

2006年09月25日

東京ゲームショウ2006雑感

東京ゲームショウ関連の記事がひととおり揃った感じがしますので、感想をば。

『東京ゲームショウ2006』(ITmedia +D Games)
http://plusd.itmedia.co.jp/games/special/tgs2006/index.html

『TOKYO GAME SHOW 2006 4Gamerスペシャルレポート』(4Gamer.net)
http://www.4gamer.net/specials/tgs2006/tgs2006.shtml

『東京ゲームショウ2006記事リンク集』(Impress GameWatch)
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20060923/tgslink.htm


実際に会場に足を運び、そして復習ということで各種ニュースを読みました。その中で非常に強く感じられたのは「オンラインゲームはオンラインというそれだけで売り文句になる時代は過ぎつつある」ということです。
続きを読む
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 12:45 | TrackBack(0) | 業界トピックス

2006年09月16日

業界再編雑感

『ゲームポットとSo-netが資本提携で合意〜オンラインゲームでの事業展開を強化』(Slash Games)
http://www.rbbtoday.com/news/20060915/34007.html

今年に入ってからというか、ここ数ヶ月というか、オンラインゲーム業界が大きく変わろうとしています。改めて整理してみると、『日本式コンテンツへのシフト』(以前の記事でも触れています)、『コンシューマーゲームメーカーの参入』『ゲームポータルサイト』という3つのキーワードが浮かんできます。今回の記事はゲームポットさんとSo-netの大型提携ということで、『ゲームポータルサイト』という切り口よりも「現存のポータルサイトにゲーム・コミュニティ要素を合体させる」イメージなのではないかと推測しています。今日はちょっとこれらについていろいろ思いを巡らせてみたいと思います。
続きを読む
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 14:34 | TrackBack(1) | 業界トピックス

2006年09月01日

ゲーム内広告に火がついた!

オプトやMOVIDAら5社、ゲーム内広告に参入(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0608/31/news098.html

サイバーエージェント、ゲーム内広告代理店を設立(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0608/29/news070.html

ゲーム画面上に、「アップデート可能」な広告(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0609/01/news019.html

ゲーム内広告ブレークの兆し…4年後には10倍か(ZAKZAK)
http://www.zakzak.co.jp/top/2006_08/t2006083010.html

ブライトキングダム オンライン、ゲーム内広告の可能性を検討(SlashGames)7/18の記事
http://www.rbbtoday.com/news/20060718/32333.html

ということで、最近話題の「ゲーム内広告」に関する記事を並べてみました。一番最後にウチのことが書いてある記事リンクを置いたのは「ウチのほうが早かったのにぃぃぃぃ!専門の会社作っちゃうなんてぇぇぇぇ!」という地団駄の表れでございます(汗)

さて、冗談はさておき、ゲーム内広告について考えてみたいと思います。
続きを読む
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 13:33 | TrackBack(1) | 業界トピックス

2006年08月05日

3つの印象的なニュースとエアギター

韓国へ出張している間の3日間に、毎日興味深い、そして大きなニュースがありました。

スクウェア・エニックス、WIN「ファンタジーアース」
運営をゲームポットに移管。アイテム課金へ移行(Game Watch)
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20060731/fe.htm

あのキャメロットがついにPCオンラインゲーム参入。「Gプラネット構想」と「ゴルフだいすき!」発表会を開催(4Gamer.net)
http://www.4gamer.net/news/history/2006.08/20060801204848detail.html

ECOのパチンコ,ROのパチスロ,ミスキャンパスの日記。「ガンホーゲームズ」正式サービス発表会(4Gamer.net)
http://www.4gamer.net/news/history/2006.08/20060802202043detail.html


いずれもビッグネームばかりですが、これらについていずれも共通しているのが「日本のコンテンツ」であるという点です。
続きを読む
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 20:12 | TrackBack(0) | 業界トピックス

2006年07月26日

終わる「世界」

ガンホー,社員が不正アクセス禁止法違反の容疑で逮捕(4GAmer.net)
http://www.4gamer.net/news.php?url=/news/history/2006.07/20060720145656detail.html

ガンホー社員、「ラグナロクオンライン」の不正アクセスで逮捕
6,910億ゼニーを無断複製してRMT業者に売却、1,400万円超を不正取得(Game Watch)
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20060720/rormt.htm

巨大化するRMT市場――仮想通貨「偽造」事件が突きつけるオンラインゲーム周辺市場の複雑さ(NIKKEI IT)
http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=MMITew000021072006

たかがゲーム,されどゲーム ――ガンホー,ROでの不正通貨作成について(4Gamer.net)
http://www.4gamer.net/news.php?url=/news/history/2006.07/20060721164207detail.html


衝撃的なニュースから一週間。自分としてはすごくショックが大きかったものですから、頭の中をまとめるのにも時間がかかりました。さきほど、4Gamer.netで『ホントのところ,GMは何をどこまでできるんですか? ――オンラインゲーム会社に聞く,各社それぞれの運営方針とその思想』という記事が出まして、そちらは会社として、運営部として回答させていただいたのですが、お読みいただければ幸いです。

自分の所感も書きたいのですが、書くとどういうわけか書いておいたファイルが消えたり、ブラウザで入力したらブラウザが落ちてパーになったりと、多分書くな載せるなという神様(?)の力かもしれませんので、とりあえずはここまでにしておきます。
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 16:57 | TrackBack(3) | 業界トピックス

2006年06月09日

賭博でもない!?RMTでもなくもない?

dreambattle.gifドリームネットバトル
http://www.dream-battle.com/

『8人対戦格闘「Xistar」,明日よりスタートアップキャンペーン実施』(4Gamer.net)
http://www.4gamer.net/news/history/2006.06/20060608184055detail.html

要は、
1.アフィリエイト参加企業から商品を購入したり、キャンペーンに参加したりする見返りにゲーム参加用ポイントを受け取る。
2.ゲーム内でポイントを賭けて遊ぶことができ、対戦の勝利者は参加者が賭けたポイントを総取りできる(現在公開されているゲームでは8人対戦で一回で受け取れるのは最大640pt)。
3.ポイントはネット系銀行で換金したり、景品に換えて受け取ったりできる。
ということです。

ゲームで得たポイントを換金できるという点では片方向のRMTですね。
しかし最初に賭けるポイントを得るためには、アフィリエイト参加企業の商品を購入したりキャンペーンに申し込まなければならず、直接現金で(現金と等価の)ポイントを得るわけではありません。このあたりが賭博やアイテム課金と違うといえます。既存のビジネスモデルの組み合わせではあるけれど、いずれでもない、というか。
続きを読む
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 15:05 | TrackBack(2) | 業界トピックス

2006年06月05日

誰のためのガイドか

オンラインゲーム業界が初のガイドライン――不正や個人情報流出に対応
http://it.nikkei.co.jp/security/news/index.aspx?n=NN002Y628%2002062006

『オンラインゲームガイドライン』オンラインゲームフォーラム(PDF)
http://www.onlinegameforum.org/guideline060605.pdf

早速ですが、上記記事。
内容的には特筆すべきところはないかな、と思います。文面通りで、これまでオンラインゲーム運営企業が苦労してきたところの最大公約数と言えます。

ガイドラインは、プレイヤーに起こりうることと、それと対になるようにゲーム運営者がとる行動の指針あるいは所信表明に近い「運営ポリシー」が掲げられています。

僕自身、運営ポリシーの策定というものは、運営とユーザーを繋ぐ方向性を明確にするものでありつつ、同時にその限界を示すものだとも思っています。今回のガイドラインは、それこそどの運営会社でも当てはまるものなので(そうでなければ、細かい差異が含められないため15社の連名では出せなかったと思います)、政治的な思惑(業界内配慮ともいう)が無い限り、右へ倣えで参加企業の仲間入りをしていくことは難しいことではないと思います。

回りくどい書き方ですが、こういったものが出てくると、賛同していない企業は「何故賛同していないの?」という風に思われてしまうこともあると思うので……。ハイファイブの名前が無い理由は? って聞かれたらなんて答えればいいんだろう? 強がりを言えば、独自路線でもガイドライン以上のサービスを提供していく心意気がオレにはある!ということなんですが! 大手さんで入っていないところは別にそんなこと言わないだろうけれど……。

それはさておき、ユーザーは、それぞれの運営会社が具体的にどういったサービスを、サポートを、ケアを してくれるのか、ゲームを通じてしかわからないんです。直接ユーザーと触れ合う部分で、ガイドラインを超えてより良く、時に厳しくやっていくのは、それこそ、その運営会社が試されるときだと思います。

ガイドラインを制定することで、
・ユーザーが「最低限の運営サービス」に関するラインを持ち、運営社に運営責任を求める下地ができた。
・運営社や業界が「ガイドラインに賛同しといたほうがいいんじゃね?(or しないほうがいいんじゃね?)」という気になった。
・チートやRMTというインチキをやってたユーザーが「やっべ、業界がまとまりやがった」という感想を持った。
・全体的にオンラインゲーム業界に対し、一般市民が(業界を挙げて向上に取り組んでいるんだなぁ、という)安心感を持った。

いったい誰のためのガイドラインか。というところに、運営会社とユーザーの間で温度差が無くなるのであればそれにこしたこたぁねーな、という希望をかけたいと思います。

(あー、すげー言葉選ぶわ……汗)
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 13:42 | TrackBack(6) | 業界トピックス

2006年05月30日

入り乱れる憶測、足元のトラブル<追記あり>

『「君主」や「スカッとゴルフ パンヤ」などで個人情報流出のおそれ』
http://www.4gamer.net/news/history/2006.05/20060529190135detail.html

『スカッとゴルフ パンヤと君主、サービスを再開』(Slash Games)
http://www.rbbtoday.com/news/20060529/31150.html

【公式プレスリリース】
http://www.aeria.jp/aeria/ir/pdf/H180529_11.pdf
http://www.gamepot.co.jp/pdf/ir_release/060529_privacy.pdf

4Gamer.netの記事リンクを先頭にもってきたのは、該当記事の追記中に、この事件に対する視点(「しかしそれにしても〜」の部分)が書かれているからです。個人情報に関して、以前のエントリでも書きました。(http://netogenow.seesaa.net/article/13933281.html)が、今回も書いてみたいと思います。


続きを読む
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 11:58 | TrackBack(1) | 業界トピックス

2006年05月23日

週刊アスキーにRMTの「緊急企画」が!

今日、コンビニで朝買ってきました『週刊アスキー』P.108〜109に「RMT問題を真剣に考える!!」という記事が出ていました。

先般話題となりましたアスキー誌の取材形式漫画『カオスだもんね!』中において、RMT業者が取材され(4Gamer.netの対談相手のGM Exchangeさんです)、その内容がRMT業者の話すことを一方的に伝えるに近いものであったことから、ネトゲプレイヤーの間で大層話題になっていて、アスキー社にも相当の意見が寄せられたとは聞いていましたが、それを受けての取り組みとのことです。

「真剣に考える!!」と銘打たれてはいるものの、記事を見る限りでは、アスキーさんが意見を述べているのではなく(考えるための素材を提供している)、実際に考えているのはユーザーだと思いますが。さて、この記事を読んで思ったことを書いてみたいと思います。
続きを読む
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 12:49 | TrackBack(1) | 業界トピックス

2006年05月18日

この二週間で……

さて、またまたご無沙汰してしまいました。
(気分的に)毎日が戦争です……。いろいろな壁を乗り越え、ぶち壊しております。

ブログをほとんど書いていないこの2〜3週間の間にも、ゲームを取り巻く世界でいろいろありました。はぁ、ブログは鮮度が命だってのにねぇ(溜息)。
続きを読む
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 12:00 | TrackBack(0) | 業界トピックス

2006年05月03日

なんだこれ!

『ゲームの仮想通貨を現金で引き出せるATMカード』(ITmediaニュース)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0605/03/news009.html

スゥエーデンの話のようだけれど、これこそ「公式RMT」の最たるもの!?というか、もっと調べなければ……。

仮想通貨として示されているのは、ゲーム内で使えるいわゆる「ゴールド」みたいなもののことなのか、Webマネーやアイテム課金サービスでアイテムを買う「ポイント」のようなものなのか、詳しく見ていかないとちょっとわからないけれど。
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 10:26 | TrackBack(1) | 業界トピックス

2006年05月02日

RMT対談記事が出ました。(補足あり)

『メーカー vs. 業者。RMTがはらむ問題と可能性をめぐる座談会』(4Gamer.net)
http://www.4gamer.net/specials/060426_rmt/060426_rmt_001.shtml

丁度先週の週刊アスキーにもRMT業者への取材マンガが出てたことですし、ある程度ネットユーザーの中ではポピュラーな話題になっていくのかなぁ、これから……。

えーと、記事。どうして写真の顔がこんなに疲れた顔なのか……。ひどい顔だ(笑)。もっとシャッキリしてりゃよかった……orz もっとシャキシャキがんばります。

-----(補足)-----
僕の発言で誤解を招きかねず、申し訳ないと思う点が一つあります。記事の1ページ目下のほうに「ジーエムエクスチェンジさんのような業者を登録制にして,売買に掛かる税金を企業が代わって納めればよい,ということです。」というのは僕の考えであり、業界全てがそう考えているわけではないということをご了承ください。
その直前にRMT調査委員会のことに触れてしまったので、まるで業界団体が税金を徴収するようなニュアンスで伝わってしまうかと思い、ここに記載いたします。
しかしながら、こういったこれまで口にすることもタブーとされていた内容に踏み込んだ以上、いろいろ誤解や憶測が出て当然だと思いますので、このブログ等で、より一層のご理解をいただけるよう、今後もRMTだけでなくいろいろな問題についてストレートに取り上げていきたいと思います。
むしろ、それくらいRMTはオンラインゲームユーザーにとって関心のある物であるということを、業界全体で認識し、取り組んでいくべき問題だと思いました。
-----(補足終わり)-----
続きを読む
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 00:48 | TrackBack(3) | 業界トピックス

2006年04月28日

2006オンラインゲーム白書を読んで

どういうわけか本を読む時間も増えている塩肉です。ゲーム、仕事、食事、仕事、食事、読書、ゲーム、就寝。が最近の一日。チェックアップ2nd.サーバーオープンまであとxx時間(←適当にこの文章を読んでいる時間から逆算して入れてください……)。

http://www.m-create.com/jpn/h_onl2006.html

ギリギリまで気が抜けませんが、最近出版されました『2006オンラインゲーム白書』(メディアクリエイト総研・編)について書いてみようと思います。

続きを読む
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 02:04 | TrackBack(0) | 業界トピックス

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。