2006年08月05日

3つの印象的なニュースとエアギター

韓国へ出張している間の3日間に、毎日興味深い、そして大きなニュースがありました。

スクウェア・エニックス、WIN「ファンタジーアース」
運営をゲームポットに移管。アイテム課金へ移行(Game Watch)
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20060731/fe.htm

あのキャメロットがついにPCオンラインゲーム参入。「Gプラネット構想」と「ゴルフだいすき!」発表会を開催(4Gamer.net)
http://www.4gamer.net/news/history/2006.08/20060801204848detail.html

ECOのパチンコ,ROのパチスロ,ミスキャンパスの日記。「ガンホーゲームズ」正式サービス発表会(4Gamer.net)
http://www.4gamer.net/news/history/2006.08/20060802202043detail.html


いずれもビッグネームばかりですが、これらについていずれも共通しているのが「日本のコンテンツ」であるという点です。
----------
「ファンタジーアース」が月額料金制から、運営変更と同時に基本無料のアイテム課金制になるというのは、現プレイヤーにとってはやや驚きのある(思いによっては複雑な)ニュースであると思います。何らかの理由でスクウェアエニックスからゲームポットへ運営が移管されたわけですが、それとともに料金体系の変更も行われてしまうと、これまでのプレイスタイル(もちろん支払いについても)の継続がプッツリ切れてしまうので、そのあたりがどうフォローされるか、あるいは変わっていくのかが、プレイヤーの関心のあるところではないでしょうか?

次に「ゴルフだいすき!」ですが、これはデカいプロジェクトだなぁ、と。ゲームの動画を見ましたが、ゴルフゲームとして、操作ですとか画面のナビゲーションですとか、至れり尽くせりの内容になっていると感じました。パンヤ!よりもキャラクター性はやや薄めですが、これはコミュニティ機能やアバターでプレイヤーの個性を演出できる方向に補っていくのだと思います。ゲーム自体も国産ですし、音楽やイメージキャラクター、通信インフラ、運営チームも全て有名どころが完全バックアップ。オンラインゴルフゲームといえば、パンヤ!以外にもこれまでいくつも出ていますが、ゴルフゲーム市場がどうなっていくか楽しみでもあります。

そして、「ガンホーゲームズ」の開始。ついにガンホー社がポータルを本格稼動させました。イートレード社、プライム社との関わりで、新しいビジネスモデルを作ろうという意欲が見てとれます。携帯電話用ゲームや、ミスキャンパスblogなど、単なるパソコン用ゲームの提供に留まらないところが、やはりガンホー社の強みだなぁ、と思いました。ただ、やや視点が高めかなぁ、と。いろいろなWeb上のサービスの利用経験があると、パッと見でどこかに響く部分があるのがわかるんですが、まだWeb系のサービスに慣れていない人たちに向けてどういうナビゲートを用意していくか、興味があります。あと、ミスキャンパスと聞いて、オールナイトフジの女子大生ブームを思い出した僕は相当におっさんの仲間入りですな(汗)

まあ、一番書きたかったのは、ガンホー社の森下社長がエアギターを披露したということ!
しかも金剛地氏の指導つきで! 自分もクロスボーンでエアギター(ただし曲は流せないけど)をやったクチなので、いずれエアギター対決とかしてみたいと思いつつ(いや冗談ですよ)。

エアギター動画もあります↓
http://cb.hi5games.jp/
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 20:12 | TrackBack(0) | 業界トピックス
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。