2005年12月19日

それぞれのクリスマス

各MMORPGでは、冬の風物詩といいますか、クリスマスイベントをゲーム内で実施しているところが多いようです。俗にいう「イベントパッチ」というやつで、フィールドグラフィックに雪が積もったり、雪だるまやサンタクロース衣装を纏ったNPCオブジェクト等がそこここに置かれ、モンスターもサンタ帽を被ったりというようなものが代表的です。

下記に適当に拾ってきたものを挙げてみます。

メイプルストーリー
 ・アイテムを持ってNPCに話しかけるとプレゼント応募完了。

ストラガーデン
 ・GMイベント。

グランドチェイス
 ・モンスターを倒すとアイテム獲得。

ラグナロクオンライン
 ・クエスト達成でアイテム獲得。
 ・ゲーム内にオブジェクト配置。
 ・モンスターを倒すとアイテム獲得。
 ・アイテムを持ってNPCに話しかけるとアイテム獲得。
 ・GMイベント。

トリックスター+
 ・クエスト達成でアイテム、スキル獲得。

巨商伝
 ・モンスターを倒すとアイテム獲得。

テイルズウィーバー
 ・モンスターを倒すとアイテム獲得。
 ・アイテムを持ってNPCに話しかけるとアイテム獲得。

スカッとゴルフ パンヤ2
 ・販売アイテム追加。
 ・GMイベント。

ヨーグルティング
 ・クエスト達成でアイテム獲得。
 ・アイテムを持ってNPCに話しかけるとアイテム獲得。

エミル・クロニクル・オンライン
 ・アイテム追加。
 ・スクリーンショットコンテスト。

シールオンライン
 ・GMイベント。

上記がそれぞれのゲーム内でのクリスマスパッチ(あるいはイベント)内容となりますが、この一覧だけ見て「クリスマス用の」という注釈をつけなければ、どの季節でもどんなイベントでも成立することに気付きます。要は、グラフィックがクリスマスなだけで、基本的な仕組みは何もクリスマスではない、ということです。そうです。クリスマスはプレイヤーの心の中にあるのです!うはwww

では、どんなときにゲーム内イベントをするかというのを、なんとなく季節感を考えて下記してみます。

1月:正月(餅、門松、お年玉)、成人式(羽織袴)
2月:節分(豆、鬼、巻き寿司)
3月:ひな祭り(ひな壇、菱餅、あられ、ぼんぼり、甘酒)
4月:花見(桜、酒)、進級進学就職(スーツ)
5月:子どもの日(こいのぼり、金太郎、鎧武者、ちまき)、母の日(カーネーション)
6月:梅雨(雨、雨ガッパ)、ジューンブライド(花嫁衣裳)、父の日(ネクタイ)
7月:七夕(笹、織姫と彦星、天の川)
8月:夏祭り(やぐら、ちょうちん、ハッピ)、海(水着、水中めがね、海洋生物)
9月:月見(月、ススキ、団子)
10月:ハロウィン(カボチャ、コウモリ、ホラー映画キャラ)、運動会(ハチマキ、体操服)
11月:七五三(千歳飴)
12月:クリスマス(サンタ、プレゼント、雪だるま)

まさに「一月は正月で酒が飲めるぞ〜♪」の歌と同じノリなわけで、これらにあわせてカッコ内のグラフィックを用いてアイテムやオブジェクト、クエスト等を実装していくというのが大抵の「オンラインゲーム季節感」だといえます。

中学生のとき、友達が「兄貴が暴走族やってんだけど」という出だしで話し始めてくれた内容に、「ゾクにはさー、元旦集会とかひな祭り集会とか七夕集会ってのがあるんだぜ! スゲーよな!」というものがありましたが、当時の僕は「小学生の時と一緒だね(小学生のときって全校集会がしょっちゅうあった記憶があったので)」と言ってケリを入れられました。まさか15年くらい経って、同じ内容のことを業界で見ることになるとは思いませんでしたが!

閑話休題。運営側から見れば、こういった季節イベントを頻繁に設定できるような運営インターフェースを備えているゲームは「優秀な」ゲームで、いちいち季節に合わせてパッチをわざわざ開発しているようなゲームはハンドリングが煩雑になり、バグも多くならざるを得ないということができます。

さきほどの表でいうと、ラグナロクさんトコは老舗だけあって、頻繁にゲーム内オブジェクトを入れ替えたりクエストを設定したりしているので、かなり運営側としてそれらをやりやすいインターフェースが用意されているのではないでしょうか?

逆に、ゲーム内季節パッチが毎年同じだったり、この季節にサンタNPC配置程度を用意できないところ、GMイベントで人力解決をしているところなどは、開発側で運営のことをあまり考えずにゲームを作っちゃったものだから、運営がヒーコラ言ってる、あるいは開発会社と運営会社が分かれていて、そのあたりまで詰めた契約がされていないと想像できます(あくまで想像ですYO!)。

僕が思うに、さきほどの「クリスマスはプレイヤーの心の中に」ではありませんが、ゲーム内で友達と季節感のある話をしたりするのに、ゲーム内のグラフィックやらアイテムというのは、案外大切だよな、と思います。
ネットゲームの上なら、普段は会えない距離の友達とも会えるわけですから、運営としては「季節パッチ機能があるからイベント組んじゃえ」という見方ではなく、どうしたらその季節の中でプレイヤーにゲームらしく話題を提供できるか、という観点も必要なんじゃないかな、そのためにGame Masterは何ができるかな、というところで暴走族の集会のバリエーションに負けてられないよね、とかテキトーに思う塩肉でした。
[ブラキン] [天道] posted by 塩肉(Sionic) at 13:36 | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10823923
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。